スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたを待ってる

夕方になるといつも 玄関で
papaさんの帰りを 待ってます

e1_20110428142623.gif

ボビー 
まだ帰らんよー

e2_20110428142623.gif

papaさん帰宅は 3時間後なんだけど
e3_20110428142623.gif

呼んでも
  動かない
e4_20110428142622.gif

e5_20110428142622.gif

足音に
耳をすます ボビー
e6_20110428142622.gif

papaさんかナ~
e7_20110428142648.gif

ちがったぁ
         まだまだ 帰ってこないんだけどな
e8_20110428142648.gif

ようやく
papaさん帰宅

うれしー
おかえり
e9_20110428142648.gif

すりすり
e10_20110428142648.gif

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

関心うすくして 政府の言うことを うんうんと聞いとけば
楽なんだろうけど
どうにも うなづけない

「子どもの被曝の基準が 年間20ミリシーベルト(20,000マイクロシーベルト)」
  って どうなん。。

文部科学省は、学校などの校舎や校庭の利用での放射線量の目安として
年20ミリシーベルトという基準を、福島県教育委員会や関係機関に通知した
この 年20ミリシーベルトは、屋外で3.8マイクロシーベルト/時 に相当すると政府。

3.8マイクロシーベルト/時は 「放射線管理区域」(0.6マイクロシーベルト/時以上 但し労働基準法で18歳未満の作業は禁止)の約6倍に相当する線量。 はたして子どもにOkなのだろうか


福島県内の小、中学校などで実施された 放射線モニタリングによれば 現在 

「放射線管理区域」(0.6マイクロシーベルト/時以上)に相当する学校が75%以上 存在
「個別被ばく管理区域」(2.3マイクロシーベルト/時以上)に相当する学校が約20%も存在

年20ミリシーベルトは、国際放射線防護委員会(ICRP)勧告Pub.109
ICRP3月21日付声明の「非常事態収束後」の基準、参考レベルの1~20ミリシーベルトに基づいて
決めたというが その上限20ミリシーベルトを採用してる

ノーベル賞も受賞した国際的な医師の団体も疑問視(テレ朝news)
「アメリカでは 原子力関連施設で働く人の1年間の許容量の平均的な上限が 
年間20ミリシーベルトとされています」と ある


年20ミリシーベルトは、原発労働者が白血病を発症し 労働認定を受けている線量に匹敵
ドイツの原発で働く人達に適用される 最大線量に相当してる

。。。。。。。。。
文科省続きで

小学生に「わくわく原子力ランド」 中学生に「チャレンジ!原子力ワールド」という
副読本を 文科省と経産省が作成し 配布していたとか
2008年に改訂された新学習指導要領で 原子力が重視されたため 作られた

こわすぎる。。。
   そこまで推進したかったのか。。。
e12_20110428231718.gif


それにしても 「子どもの被曝の基準が 年間20ミリシーベルト(20,000マイクロシーベルト)」
文科省は 子ども達の命を どうとらえているんだろう。。。
1番大切にしなければならないことが ずれてる気がする

e11_20110428231719.gif

。。。。。。。。。。。。。。。。ブログをパチコチしていたら
同級生のままから メール
見るだけ見てと

4/21日 福島老朽原発を考える会をはじめ3団体が
原子力安全委員会 文科省科学技術学術政策局 文科省スポーツ青少年学校健康教育課 など
係長クラス4人と 意見交換をおこなった
子どもの安全基準、根拠不透明〜市民の追及で明らかに(前編)

子どもの安全基準、根拠不透明〜市民の追及で明らかに(後編)

らちがあかない。。。
驚いたことの1つ
年間20ミリシーベルトは 空間線量だけで
土ぼこり(活動したら舞う!)や 食べ物という内部被ばくの考慮はしていないとのこと
シミュレーションをして 内部被ばくの考慮はいらないとなり
入れてないとのこと


不安になるなと言う方がおかしい と思う
この 今さらされている 福島に
自分の子や 身内がいないから こんなことが言えるのだろう
当事者たちの 声は 現実であり
切実で 重くひびく

ほんと 何で 大人と子どもが20ミリシーベルト と一緒なんだろう

本当に子どもの健康を考えれば、安全基準を厳しくするというのが
当然のことだと思うんだけど

高木文部科学大臣 校庭の土や砂を入れ替えなくても

放射能を正しく理解するために 文科省
↑よんで
知識はわかったんで 現場の不安を払拭するように もっと具体的に示してほしい
福島県郡山市のサイトのように 校庭の土や砂の入れ替えをする行動は理解できるけどな
「文部科学省の基準は、保育所、幼稚園、小学校は50㎝の高さ
中学校は1m高さの空間線量率で判断していますが
郡山市では、より安全面に配慮し、すべて1cm高さで判断しています」ともあって
「念には念の」 少しでも安心をという考え方が 伝わってくる
  

5年後10年後 何かあっても
この大臣も 官僚も 入れ替わって 責任者がいなくなるんだろうな。。。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちわん♪

>関心うすくして 政府の言うことを うんうんと聞いとけば
>楽なんだろうけど
>どうにも うなづけない

そのとおり~~!!(泣)

福島だけじゃないんですよぉぉ。
千葉もかなり危険なんですよぉぉ。
わが家のあたりは、ホットスポットになってる模様。。。
昨日のニュースでも千葉の牧草から
基準の3倍超セシウム検出だって言うし、
どんだけ汚染されてるんだか。。。
しかも、連休前の発表でしょ。私は、確信犯とみた!
役所も、連日クレーム対応で大変だと思うけどね。
気持ち分からなくもないけど。でもね。。ぶつぶつ。

うちは毛むくじゃらの子どもしかいないけど、でも、すっごく心配。。。
水素爆発後、放射能じゃんじゃか放出されてた時も、
しっかりお散歩行ってたし・・痛恨のミス!?(-_-;)
これからどうなるんでしょうね?
そう簡単に避難はできないし。
毎日ため息です。。。
なんか、人様宅で愚痴ってしまってゴメンナサイ。

でも、ボビままさんみたに遠くにいてても、
ちゃんと考えてくれてる人がいると、心強いです。^^


パパさんを待つ、ボビーくん、可愛いですね。^^
最後から2枚目は ン? (・・? ふふふ。^^


こんばんは~♪

頑張ってパパさんを待つボビーくん、愛らしい~♪
しかも3時間前から。。。大好きなんだネ!
きっとママさんがお留守の間もずっと待っているんだろうネ♪

原発。。。人間が作り出した物だけに人の手でなんとか
ならないものかと思ってしまいます。。。
そんな単純な事では無いのでしょうが。。。
会見している言葉もなんか他人事の様な。。。
一日も早く治まる事を願うばかりです!
言葉足らずのうえに下手でゴメンなさい

Re: No title

kyo-co さん

地図 見ました!
柏 流山 三郷 松戸市辺りは ホットスポットになってるんですね...
千葉の牧草のも 場所はどこなんだろう
発表時期も 考えて発表されてると思います 今のとこ ほぼ会見見てますが
そういう操作はあると うかがえます
関東圏の知人達も 気が休まらず 情報が遅く ひどくなっての発表で
気をもんでます 神経質にさせているのは 東電政府マスコミだ!って
選択できる 正確な情報を 早めに教えてほしいと 怒ってますよ
グチだなんて 思いません 正直な心の叫びだと思いますよ
だって 守りたいものがあるんだもの

千葉の知人も ワンコの散歩 心配してました なんせ目に見えないものですし
いくら偉い先生が言っても 子どものことですら こんな右往左往してるのに
信じれるかって きれいごとだって
結局 動物はしゃべれないから 何とでも言えるのよと息巻いてます 

人間が幸せに暮らせないと そこで共生する動物も幸せになれないわけで
もちろん私たちのために 
  そして選択できない彼らを守るためにも
ちゃんと真実を知っとこって思ってます 

そりゃあ 色々な病気や事故で命を失う可能性の方が身近です
foodや サプリや 家の中の環境を整えたりして
1日でも長く健康でまた穏やかに過ごしてほしいと 動物好きな人は気をつけてます
でも こんな招かざるものや 迅速かつ正確な情報がないおかげで
ゆくゆく 苦しんだんじゃあ やりきれないですよ
まっ そのときは 寿命と片づけられるんでしょうが

放射線の感度は 子どもは大人よりずっと高いですが 動物たちはどうなんでしょうね 
こと今回の事故は 末代まで残してしまうものですし
真実を知り あれこれ対策を練るのも 立派な愛の形だと思います
被災者の方々に寄付をして痛みを分かち合うというなら
関心を持ち、自分の意見を持つことが 
原発で苦められている方々に出来ることの1つですし 
何より 原発 容認(私は今までどっちつかず)した者の務めかなと思ってます。
ボビーがあのひどい一頃よりは落ち着いていて気持ちに余裕があるし
でも 知れば知るほど 気持ちが沈み 信じられなくなり
失望感でいっぱいです。。。

  最後から2枚目 papaさんに頭突きで 飛びつく写真だょ
  ぶれぶれ^^;


 

Re: こんばんは~♪

ブチ&モコ さん

そう ボビーのいじらしく ケナゲなとこに
愛おしさがMAXだよー
「Low Positon BLOG!」の4/23~25に
福島の取り残された動物たちの映像や写真がのっていて
このボビーの姿と重なってね...
わんこ達は みんなただ信じて お父さんお母さんを待ってるんだよね
ボビーはリビングに放して出るんだけど 隣の和室のスライドドアが
首の幅ほど いつもあいてて 覗いて 探してるみたい
その写真のわんこ達も 探しながら ずっと待ってて... 
ブチくんも モコちゃんも 遊びながら
パパさんママさんのこと いつも待ってると思うよー^^

会見を見てたら もう腹はたつし
あきれて 悲しくなるよ... 
それを見てるから 半ばあきらめの気持ちで でも出来ることはしようと
「被災地動物情報」のブログ(4/30)見て メールしたよぅ

ほんと 人間と共生してる動物たちにも happyでいてほしいー
それを整えてやるのは 私たち人間なんだけど...

犬ブログが すっかり
飼い主が原子力発電所のこと 知って感じたことが多くなってます

でも ここに遊びに来てくれた人たちが
そんなコト あるんだねとか 大丈夫って言ってるじゃん とか
どんな形ででも どっかにひっかけてもらえたらいいなぁ

ペットの幸せは 人が幸せじゃないとやってこないし
人の生活が安定しないと ペットまで回らないし
ベースのとこから 見直すときなんかなって 会見見ながら思ってます
のらりくらりしてたり つじつまが合わなかったり
誠心誠意してるんかなと 首をかしげることが多く 
記者クラブにも いらつくんだけど...
  
でも 現場は頑張ってるんだから 
ほんと 早く落ち着いてほしいね
切に願うんけど あっちもこっちもあるしで なかなか暴走し始めたら
厳しいみたいだよ  

全然下手じゃないよ 
関心持ってて 心強いよぅ  

sidetitleプロフィールsidetitle

ボビまま

Author:ボビまま
ぼく ボビー。
2003年12月27日生まれ。

けがや病気に負けずに
広島で暮らしてるよ。
人にはとってもフレンドリー。
よろしくね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleいま いくつsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。