スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿がねぇ‥九州旅行最終章

12月末の 九州旅行の締めくくりは

大分の宿
ボクは 自由で快適でちたよー
cc1.gif

cc2.gif

しかし 寒かった~
cc3.gif

cc4.gif

空気が おいしいでち
cc5.gif

露天風呂(温泉)ですな 
cc7.gif

熱っ
cc6.gif

cc14.gif

cc8.gif

周囲を 黒いシートで張り巡らされてます
シートは土の中に埋め込んでありました
cc13.gif

次の日見たら 50~60センチは ざっくり縦に切れてた
切れたとこが 劣化してて ビニールがピーヒョロロと風になびいていた
ここから 出て行って迷子事件1迷子事件1'へと発展
cc12.gif

食事 おいしかった
この後 迷子事件になるとは わからんわけで 気楽に
熱燗を いただきました~ ウィ~
cc15.gif
cc16.gif
cc17.gif
cc18.gif
cc19.gif
cc20.gif

部屋に 手作りクリスマスケーキが 
これもおいしかったです 
cc21.gif
床暖房 あったか~い
cc22.gif



ボク どこ探検したか 紹介するでち
cc10.gif

てけてけ と下りて
cc9.gif

ここから首が出せて 

わーい もっと広いトコあるぞ って 出たんだよ
はじめてのとこで いっぱい探検したよ
黒いシートから 白い顔をひょっこり出して
きょろきょろしてる様子 容易に想像できます
cc23.gif


玄関側から見ると
cc27.gif

ここでも 遊んだよ
フロントの裏には 自動ドアはないので 表に回り込んだようです
cc24.gif


cc33_20110211003051.gif

左の道路が 広く このまま下りると 一般道に出ます
右のフロントへ 運良く回り込んでくれて よかった

自動ドアも センサーで開くタイプでよかった

次の日の朝11時は 電気が切ってあって 手で自動ドアを開けました
もう少し夜遅かったら 自動ドアも閉め切りになってたと思います
時間帯も ぎりぎりセーフ


寒いからと 
フロントに近い 景色もあまりないとこを 取ってよかったです

 
cc25.gif

上や向かいの棟の周りは こんな感じ
囲いはなく ずんずん奥に入れる
cc28.gif

ホント上の方や 向かい側にしなくて良かった
完璧 迷子や
cc29.gif

向かいの棟から見たら 
cc31.gif

ドッグランです
cc30.gif

見つかってすぐ寝ました
親心 犬しらず? 伝わってますでしょうかァ 
cc32.gif

不幸中の幸いが たくさんあって
無事 一緒にいてます 
静岡につづき 
行方不明になったら 大分に居着くとこでした
ボビーは 走り出したら とまらないブヒなので(顔のイメージと違うのら)
轢かれでもしたら...
いやぁ よかったよかった


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ここは 犬も家族の一員 犬も人間も楽しめるというのがコンセプトでした
従業員さんも親切で 料理もスペシャルよかった
でも いなくなるという事件の対応が あまりにもお粗末で…
寒い中 まぁ私は夜 庭の温泉に気持ちよく入りながら 鼻歌まじりでくつろいでいて
ボビーは庭をうろうろしていて 気付いたら 消えて

最悪な夜の始まりで
ボビーが フロントに回ってくれたおかげで 事なきを得たわけで

次の日 フロントと朝食の話をしても 詫びはないし
昨夜のことは なかったこと状態で
まさか あの夜中のどさくさまぎれで スマス気?と思いながら

何らかの対応があるかしらと ちょっと待ってみたのだけど 
なくて

イライラしてきたので、「責任者に会いたいのですが」と言ったら
その方が オーナーさんで

シートが破れていたことは朝聞きました と
ちゃんと報告は受けてますと言わんばかりの勢いで
詫び が ナシよ

今日もここに泊まるし
大人の対応をしなくては と

玄関から飛び出したなら こちらに非があるが
ご自由に はなしてどうぞの庭で はなしたら
いなくなったんですよ
これ そちらの過失ですよ  

うちの犬は たまたまフロントに回って
自動ドア開けて 入って来たからよかったものの...

と言っても

ピンときてないようで

前例がなくて ウンにゃんぱあぬん


すでに 昨日 起こったじゃないかと怒りマックスで
いくら親切でも 安全の上に サービスがなりたつわけで



危機管理の なさに がっくし 来ました

そして 
リスクマネージメントも ないから
破れてないかの 点検もしてないわけで


これ以上 話しても
どんどん貴重な観光時間は うばわれて 
おもしろくないのは我が家ばかりと 頭を切り換え

観光に出ました


夕方戻ったら 皆さんが出てきて 謝ってきました
お宅のわんちゃんの大きさでは あれは開けられないとか
修理しましたので 一緒に確認しましょうかとか 確認をお願いしますと
言われたましたが
信用してますからと 一任した




何らかの サービスもなく がっかり
サービスがほしい訳では ないけれど
お金払って くつろぎに来たところが
くつろげない事態におちいり
おまけに 命の危険にさらされたわけだし
その後の スットンキョウな対応にも不快だったし

何らかの誠意を 見せてほしかったです
全棟 確認しますとか これからの対応も言ってほしかった
 


この間 papaさんに、「あの宿 また行きたい?」と
聞いたら

「確かに 最悪だったけど
料理がうまかったから
また行けたら行ってもいいかも あの部屋にして」

そうなんだよなぁ

お料理がよかったから 
また 行ってるかも

完璧 胃袋 つかまれとるがな

そういえば
私 胃袋つかむほどの 腕前ないな(焦)

しっかし
アホだねぇ~
あの サーっと血の気が引いた恐ろしさより 
料理が勝ってるだなんて


ボク また探検しに行きたいでちよ~ 
cc34.gif
                                  お気楽家族




 
スポンサーサイト

原尻の滝と 湯布院

きょうのボビー  
散歩は まだか
bb1.gif

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

なかなか 進まない
12月の九州旅行のつづきで~す

最後の日は 大分の「原尻の滝」へ
bb2.gif

bb3.gif

道路のすぐ側に 突然現れます
bb7.gif

bb4.gif

ここも いいとこでした 
マイナスイオンを浴びて 満喫

bb5.gif

間近で けっこうな迫力
bb6.gif

つり橋があり 
bb8.gif

bb9.gif

かなり揺れる
bb11.gif

向こうから 大勢の人が渡ってきて
揺れる 揺れる

ボビーはへっぴり腰に
bb10.gif

とうとう 座り込み 動かなくなり
だっこで 戻りました~ 
バランスがとれず 余計よろよろで 益々揺れる~ 
bb12.gif

うー びっくりでちよ 
bb13.gif

湯布院に 移動
道中 雪がどんどん降り始め

ふぉっ 雪でちよ
bb15.gif

bb14.gif

もう帰ろうかと思ったけれど 
食べたいものがあるし せっかくなので行ってみました
bb16.gif

bb17.gif

雪の日も 風情があって いい感じでした 
bb18.gif

泊まってみたい宿の前を 通り 
bb19.gif

一目散に お店へ
bb20.gif

甘いものを買い込み 
bb21.gif

大分の竹田津港へ フェリーでのんびり帰路に着きました  爆睡

bb23.gif

次は 宿でちよ~
bb22.gif 鼻たれボビーだョ

水源をたずねる

12月の旅のつづきです

この日は
宿近くの 熊本県産山村の 池山水源

雪がちらついて 寒かった
aa1.gif

aa2.gif

ここはすばらしかったです
aa3.gif

aa4.gif

aa5.gif
手前で 感動してたら。。。
aa6.gif

もう。。。 奥は 言葉にならない程 幻想的で
雪が降ってるのもあって とても神秘的
精霊は本当にいるんだと 思いました
aa8.gif

奥と 池の中に 水の神様が祭られてます                   
aa7.gif

aa11.gif

aa9.gif

aa10.gif

思わず 手を合わせました
aa13.gif

近くに 「山吹水源」というのもあり 今度はそこも行きたいナ
aa12.gif

それに引き替え。。。
めちゃくちゃ残念だったのが 「白川水源」
ここはお金払ってはいります の割に。。。

aa14.gif

aa15.gif

ビニールの芝カーペットが 無意味に散乱してたり
最初に 「池山水源」に行ったからか 
ここは 係の人や 奥の神社の職員も居るんだけど
何だかねぇ
 
隣りの観光客は ヒシャクで口移し
  その口付けたヒシャクで もう一杯 汲みますかぁぁぁ

aa16.gif


「池山水源」も 夏は 近くのキャンパーが水汲みに来るそうで

あー いつまでも あのままであって欲しい

高森町へ 移動
aa17.gif

鉄道にと 掘ったトンネル トンネルの前も ずっと水路です
入り口 2キロ先で 大量に出水 工事は中断し 
今は公園に
aa18.gif

aa22.gif

おもしろいので 皆 手をのばしてました~

aa19.gif

aa20.gif

aa21.gif

入り口から550メートルを 一般公開
結構な量で 音がすごい
aa23.gif

水関係のとこは ボビーはお留守番
aa25.gif

待ちくたびれたー もうじっとしてられないでち
宿でパチリ  
aa24.gif

                            旅行記 つづきます

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


夕べ 顎の不具合で 寝られなかったボビー
日中は  こんなせまいとこに 
aa27.gif

aa28.gif

狭いトコ 落ち着くの?
私と 一緒だぁ
aa29.gif

高千穂へ

12月下旬の 旅のつづきです
阿蘇から 行ってみたかった「高千穂峡」へ
x8.gif

x1.gif

ボートに乗りました
ボビーは車でお留守番
x9.gif

x2.gif

x3.gif

x4.gif

x5.gif

x6.gif

まだまだ奥に続きます
x10.gif

x11.gif

「真名井の滝」に 超感動したのですが。。。
ボートをおりて 散策してたら しかけを発見
x12.gif

z15.gif

上からみたかんじ
z16.gif

水の出所に 工夫がされてます
でも 来てよかった~
z17.gif

ボビーは たくさんの外国人観光客に
声をかけられとりました
z18.gif

z19.gif

z20.gif

「キュート」「ワンダフル」「プリティー」「コマイヌ」
「コマイヌ?」よく知ってるねえ  初めてのパターンだよ
縁起良さそうだから いっか~
z21.gif

高千穂神社 
z22.gif

z24.gif

z23.gif

「夫婦杉」 夫婦杉の周りを手をつないで3周すると
夫婦円満 家内安全 子孫繁栄の3つの願いが叶うと 伝えられてるそうで
z25.gif

 
ボビーも一緒に回りました
z26.gif

江原さんが気を感じると言って有名になった「鎮石」に
手をかざすのを 忘れとりました~ 

とても神聖で また訪れたい神社です
z27.gif

「天岩戸神社」に移動
z28.gif

そして「天安河原」へ
z29.gif

z31.gif

とても恐かった。。。 日の高い時間に行けばよかった。。。
z30.gif

次の日は
「水」のパワースポットを 訪ねました ここもすばらしかった  
z32.gif


飼い主不調のとき 
ボビーが 番をしてくれとります

201101191716001.jpg

201101171816000.jpg

大分 臼杵石仏へ 

次はどこ
t1.gif

別府湾SA 上りで 一休み
t2.gif

t3.gif

ドッグランを一緒に走り回ったり
t4.gif

振り返ったら イナイ
ランの外の若い女性達に 相手してもらっていた...
t5.gif

あっちの女の人んとこにも わっせわっせ
おーい 飼い主は ここじゃよょょょ
t6.gif

次 どこ行くでちか?
t7.gif

臼杵に 国宝・臼杵石仏を見に
t9.gif

車を置いて てくてく歩く
心 静まるねェ
t8.gif

t10.gif

t11.gif

鼻水が出るでち
ここ ひんやりしてる~
t17.gif

t12.gif

t13.gif

t14.gif

足をのばして 良かったです 感動
t15.gif

神聖な場所でちよ
t16.gif

阿蘇方面へ 向かいました
t18.gif

夢中でいただいたので
食事の写真 これしかなし 熱燗をすこしいただく
t19.gif

疲れて とっ散らかした床で寝とりました
t21.gif

t20.gif

次の日は 宮崎に移動だよ~
201012282243000.jpg
201012300106000.jpg
かわいいマグネットたちが仲間入り ありがとう-

行ってみたかった高千穂に
t23.gif
sidetitleプロフィールsidetitle

ボビまま

Author:ボビまま
ぼく ボビー。
2003年12月27日生まれ。

けがや病気に負けずに
広島で暮らしてるよ。
人にはとってもフレンドリー。
よろしくね。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleいま いくつsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。